FC2ブログ
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

風景をあそぶ。

エガオデ、ウエヲミテ、明日ヘ。

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2018.05.13/Sun  16:13:49

また時間があいてしまいした。
相変わらず、チマチマと植物の制作をしております。
ホント、いつ完了するのやら・・・
今回のクワズイモは、練習台で一度つくっているので、それから若干リファインしんてサクッと形には出来ました。
が、あの大きな葉の色合いが上手く行かず着彩途中で放り出したりして、完成するまで結構時間がかかってしまいました。

で、なんとか8株完成させました。
DSCF4835.jpg
材料は例のごとくコピー用紙とアダンをつくった時の切れ端の銅線。

苦労した葉の色合いは、
DSCF4836.jpg
こんな感じですが、拡大するといもう一声って感じです。
でも、着彩の手順は読み込めましたのでさらなる量産はスピードアップ可能。

次の植物天国「モンパノキ」は作成方法がまだイメージできてません・・・
ホント、どうしようかなぁ〜
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2018.03.09/Fri  16:17:58

例の如、またまた空いてしまいました。
雪山を登って、滑ってをしていると気がつけば3月・・・
はやいものです。

昨年(2017)後半から悪戦苦闘していました、アダン製作は飽きとの闘い(笑)でしたが、
なんとか予定数つくり終えれました。
DSCF4201.jpg
苦労しても、これで埋まるのは70×70mm程度・・・
時間対効果悪しです(笑)

出番が来るまで、しばし?の休息 DSCF4203.jpg

次はモンパノキとクワズイモで、当分植物の制作が続きます。
TB: 0  |  COM: 2
go page top

 

2017.12.13/Wed  15:17:48

今回もアダン(樹)制作の続きです。
先行試作の DSCF3743.jpg に、着色をして樹脂粘土でつくった実を接着。

なんか、葉の茂りがもう一歩な感じ。
でも、葉の数は最小限で抑えたいので、これで良しとします。
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2017.12.07/Thu  14:56:47

もう年末間近・・・
「島ノ軽便2」っていつから作り始めたんだったけ???

風景の大事な要素の植生(植物)。
島ノ軽便は舞台を南の島(八重山あたり)にしてしまったので、
造園用語?で言うところの特殊樹木の表現に苦しんでおります(笑)

練習台の「雨上がり」では、集落内ってことで島バナナクワズイモブーゲンビリアなどなどを試作しましたが、
海辺に欠かせないのいはアダンやモンパの木あたり。
ということで、絶賛アダン地獄の真っ最中です(笑)

いろいろと作り方を考え、この作り方に落ち着きました。
まず、PC上で作画しプリントアウトした用紙を、DSCF3658.jpg
ひたすら手作業で切り抜き。DSCF3659.jpg
ここでクラフトカッターなどなど文明の利器があればいいのでしょうが、無い物は無い(笑)
縦型のを芯に、扇型のを貼り合わせて、DSCF3738.jpg
形を整えて、DSCF3741.jpg 低粘度の瞬間接着剤で整形して1ピース完成。
ここまで初めは30分ほどかかりましたが、慣れるにつれ10分弱まで短縮。
しかし、一株あたり平均5ピース必要で10株程度つくる予定なので計50ピース・・・
現在樹の形にしたもの含めて35ピースで、DSCF3742.jpg
あと15ピース(作業時間150分)・・・面倒くさい。

樹の形に試作すると、 DSCF3743.jpg
な感じで、
「まぁ感じは出たんではないか」と自画自賛(笑)
実も用意はしてますので、そのあたりは後日。

相変わらず、Nの『田植え』といい、我ながら非効率なことをやってます(笑)
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2017.10.19/Thu  12:29:06

あんな処 DSCF3042.jpg や、こんな処 DSCF3233.jpg DSCF3309.jpg に行ってる間に、
気分はすっかり初冬⛄️(まだまだ下界は🍁ですが) (笑)
寒暖差が大きい今日この頃、島軽2工作は相変わらず細々したものをつくっています。

今回のネタは小ネタの水場セット。
水栓は真鍮線材、ドラム缶は例によってコピー紙で作成して、アクリル系色材で彩色し、
水はエポキシ系ボンドとアクリル系の我が家定番のパターン。
   DSCF3395.jpg
東急ハンズで仕入れた少し大きめの牛と並べてイメージチェック、DSCF3393.jpg

もうしばらく小ネタが続きます。
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。