05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

風景をあそぶ。

エガオデ、ウエヲミテ、明日ヘ。

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2010.01.06/Wed  23:51:15

2010年になりましたね。2000年代に入って早10年ですか・・・
「2010年宇宙の旅」ではありませんが、子供の頃は宇宙旅ができると思っていた遠い未来でした。
今年もだらだらと更新していきますので、お付き合いをお願いします。

さて田舎ディーゼル機関車ですが、何とか2009末に完成にこぎつけました。
こいつの御蔭で「パイクその2」の制作が遅れていましたが、これでパイクの制作専念できるはず・・・?
エイジング(汚し)を施して、結構派手だったのが落ち着きました。
dl-3-1.jpg dl-3-2.jpg どうでしょうか?コレにくらべて落ちつきましたか?

形式は「DD101」とします。
経歴は・・・、考えていません。

屋上は、dl-3-r3.jpg サイレンサー、ホイッスルカバー、信号雷管?など真鍮材ででっち上げています。

前面は、
解放テコ(真鍮線)やエアーホース(Tomixキハ10系用パーツ)を取り付け、機関士を乗せています。
dl-3-c2.jpg dl-3-c3.jpg
ココで書きました、でっかいスノープローは真鍮材で試作したのですが、諸事情?によって断念ししました。
結局、手持ちがあったTomixのキハ01用を使用してお茶濁しています。

連結器は水ノ杜標準?仕様のTNラプラーにして,
曳くものがないと格好がつかないので、2軸貨車もTNカプラー化+小細工で100R(90R位まで可)を走れる様にしました。
dl-i2-1.jpg

あと前照灯が点灯する様にしてありますが、dl-i-light-2.jpg 詳しく後日に。

最後に、田舎気動車キハ201と並べると dl-i-k04-3.jpg 両方とも地味で癖が強いですね。
制作者に似るのかしら???(笑)












スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。