05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

風景をあそぶ。

エガオデ、ウエヲミテ、明日ヘ。

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2009.09.07/Mon  23:13:07

前々回の予告通り、鉄コレ改造です。
素材は、tc10-A3.jpg 鉄コレ10弾の遠州鉄道のキハ802(キハ04系)を水ノ杜鉄道仕様にしていきました。

モチーフは、身近な江若鉄道(マイナー?)のC14型キハ17です。
本当は北陸鉄道キハ5201を素材にした方が、らしくなったんでしょうが、
手元に無いものは仕方ないし、あくまでキハ17風の水ノ杜鉄道仕様なので良しとしました。
ただ、屋根は形状はキハ5201の方がよかったなぁ。

で、いじること約一ヶ月強、
水ノ杜鉄道キハ201(お座敷気動車 イベント/団体用?)として生まれ変わりました。
kh201-iA-0m.jpg kh201-iB2-0m.jpg




前面は、雨樋の縦管を無くし、テールランプを片目にし、キハ802の後の姿の関東鉄道キハ461を参考に、
真鍮線やTOMIXの分売パーツを流用してジャンパー栓やエアーホースなど追加しそれらしくしてあります。
ほんとはTNカプラー化をしたかったのですが、あきらめて見た目重視でダミーの連結器のままとしました。
kh201-mA.jpg kh201-mB.jpg
前後、違う顔がローカル気動車の感じ?を醸しています。
スノープローはある方が好みなのでスイスの電車風?に、キハ01用の物をつけてあります。
台車に干渉しそうですが、100Rの切り返しもOKです。

側面は、ドア開閉灯?とキハ17の特徴であるお座敷部分の窓に保護棒と
手抜きの手すりを真鍮線で追加してあります。(よく見ると手抜きの意味が分かります。)
kh201-s2.jpg kh201-iSi1.jpg


屋根は、水切り?と前照灯のステーを追加しています。
kh201-iR1.jpg

前照灯は点灯するようにしてありますが、それはまた後日。

カラーは、地味なレールバスと同様にしてあります。
らしくなるように車体標記のデカールを貼ったあと半艶のコートして、ウェザリングがしてあります。
目標は、キレイに、雰囲気のある諸星氏風のウェザリングなのですが、
やりすぎた感もありキタナクなってしまいました・・・・
レールバスよりは進化してると思っておるのですが・・・どうでしょうか?
kh201-iA2m-2.jpg kh201-iS1.jpg kh201-iA2m-0.jpg kh201-iB2m-0.jpg




最後に、素材との比較ですが、結構雰囲気がかわりました。
kh04-201h1.jpg kh04-201h3.jpg
前面の雨樋縦て管がないのが大きな要因になってますね。
あと、前面窓パーツは上下二段の窓枠のディテールがあるのですが、
吊しでは印刷?塗装?されていないので、ここを塗るだけでも顔の表情がしまるような気もします。


スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。