07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

風景をあそぶ。

エガオデ、ウエヲミテ、明日ヘ。

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2009.01.31/Sat  19:38:53

 
腕式信号機をつくる。 
 

大物(地面関連)の作業ばかりだと飽きて来るので、小物(ストラクチャー)づくりもぼちぼち進めていっています。

そこで、腕式信号機に取りかかりました。
当初は、津川洋行製の既製品を使うつもりで購入しましたが、あまりにも・・・なので、
部品を流用してつくってみることにしました。
材料は、径1.6、1.2、1.0の真鍮パイプと0.3の真鍮線と、津川洋行製のパーツ、爪楊枝?です。

簡単に構成を。
柱は、径1.6のパイプを下部を半田で太らせ、上部は径1.0のパイプと爪楊枝から加工した頭頂部をつけ、ライト部は径1.2のパイプででっちあげました。
信号腕木とクランク、重錘部分は津川洋行製からの流用でレンズ部はピンバイスをあけ、梯子他は0.3の真鍮線で組んでいます。
前から、sg-1-1.jpg 後ろから、sg-1-2.jpg
相変わらず、半田付けが汚いです・・・

塗装はアクリルガッシュにターナーンのコースゲルを混ぜたものでし、レンズはジェルメディウムを入れアルコール系のマーカーで着色してあります。
sg-2-2.jpg sg-2-3.jpg sg-2-4.jpg 拡大するとアラアラですね・・・

あと、青オンリーですが径0.75の光ファイバーを真鍮パイプの中に通し発光できるように電飾を仕込んでみました。
白色のLEDで点灯すると、sg-3-1.jpg こんなんです。
作業しながら思ったんですが、光ファイバーではなくチップLEDを利用した方が良かったかも。

加工精度に不満はありますが、雰囲気は出たので良しとます。




スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。