08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

風景をあそぶ。

エガオデ、ウエヲミテ、明日ヘ。

2016.06.02/Thu  08:02:22

めずらしく良いペースで制作がすすんでおります。
同窓会展用の作品制作にむけ、なまった指先のウォームアップって理由もありなのですが、
制作が進んでいくのはいいことです(笑)

橋を架けると作業しくにくくなるので、その前にイノー(礁池)の彩色をやっつけてました。
技法は毎度かわらず、
木工パテのベースにジェッソでした塗りをし、薄目に溶いたアクリルガッシュを塗り重ねってます。
ビミョウな色合いが表現できるのですが、塗っては乾かしのくり返しで時間がかかるのが欠点です。

まだ、表現したりない気はするのですが、一旦は完了ってことで↓のようになってます。
DSCF7869.jpg DSCF7851.jpg
DSCF7854.jpg

ほんと、筆をおくタイミングって難しいです・・・
やりすぎるとキタナくなるし、腹八分てのがいい頃合い?

懸案だったサンゴの表現は、
DSCF7844.jpg DSCF7866.jpg DSCF7858.jpg

な、程度で逃げています(笑)
水(樹脂)流し込んだら、見えにくくなるので雰囲気がでればOKです。

で、イラレ、フォトショで水(樹脂)流し込んだシミュレーション。
DSCF7861.jpg をベースに、P1010004.jpg を参考にして、
こんな感じになりました→ DSCF7861A.jpg

なんとなく、それっぽい雰囲気にはなっているのかな?
樹脂での波、波紋の表現が鬼門です(笑)
ほんと苦手・・・Nパイク「内湖のあたり(冬)」で、痛い目にあっています(涙)

さて、次は「架橋」「レールを繋げる」です。

蛇足:イノー(礁池)って沖縄の方言だったことに今回やっと気づきました(笑)

スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top