09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

風景をあそぶ。

エガオデ、ウエヲミテ、明日ヘ。

2008.12.19/Fri  17:51:28

 
「杜ノ口駅」駅舎制作(その1) 
 

造成工事を続けても、あまり面白くないので、駅舎制作です。

実際制作したのは一ヶ月以上前なのですが、後追いでUPしていきます。

駅舎のモデルは、尾小屋鉄道の「沢駅」の駅舎?待合室?をベースにでっちあげました。
設定としては、
昔は有人駅だったのが無人化されて、事務室と待合いの壁も撤去され半分は物置のようになってる。っとしました。
なので、ホーム側は扉が有りますが、内部にしきり壁はありません。
駅名は、森(里山)の下に位置すると言うことで「杜ノ口駅」にしました。

主な建築材料ですが、日本の建築らしくケント紙と桧角材1.0mm角です。
CADで作図をし、ケント紙に出力したものをベースに切り出して組み立てました。
下見板は、ケント紙を0.3mmのシャーペンの先でけがいて表現してあります。

屋根は、鋼板の瓦棒葺きとし、積雪ある地域なので雪止めを設置してあります。
s-1-1.jpg s-1-2.jpg

内部の簡単にベンチなんかを作ってます。
s-1-3.jpg

つづく。


スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top