05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

風景をあそぶ。

エガオデ、ウエヲミテ、明日ヘ。

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2010.12.12/Sun  23:55:23

遅れ遅れの宿題提出です。
一ヶ月ほど放置してました、申し訳ない・・・

で、注意書きです。
結構しつこくペタペタとしているので元の塗装を痛めるの可能性大(特に完成市販品は)です。
そのための塗面の保護はしっかりしてください(←お願い)

ヘロ単では、インレタを貼ったあとつや消しクリアー(ラッカー系)をしつこい位吹き付けて保護しています。
トップコート(水性)はガッツ?が足りず、途中でへたってくる可能性が・・・
TOMIX GMのインレタは上塗りで侵されるコトはなかったですが、やられるなら自己責任でお願いしますね。(←予防線)

では、画材から、
色材は、wt0-1.jpg エナメル系塗料、アクリル塗料、アクリルガッシュなどなどです。

キタナイ画像ですが・・・ wt0-3.jpg
筆は水彩用の筆を使っています。先をカットしているのはドライブラシ様、紙パレットはヘロ単での使う古し、綿棒は言わずもがなですね。

今回の被験者(車)は、wt1.jpg カーコレ1/80です。

その1、
ペタペタwt-iA.jpgと溶いたエナメル塗料をポイントに置いていきます。
コツは全体に塗るんでなく、ポイントで置いていく感じでやりすぎないコトですかね。
やりすぎの見本wt2.jpg 水垢汚れは黒系、錆汚れは茶系でやってるはず?

その2、

塗料が乾いたら溶剤で塗料を流していきます。
エナメル塗料用の溶剤はテカリがでてしまうので、テレピン(油絵具)方が良いかもしれません(ちゃんとした技法書参照で)。
ポイントは、汚れが雨で流れいくイメージですwt-iB.jpg wt3.jpg 上から下に流していきます。

その3、
その2での溶剤が乾かないうちに、余計な塗料を綿棒でふき取っていきます。
イメージは wt-iC.jpg こんな感じで、コツは水の流れを意識する事。
で、wt4-1.jpg wt4-2.jpg てなコトになった後、
どうして綿棒でやりきれない微調整は筆で wt5-2.jpg しつこく・・・

その1~その3の作業を、繰り返して(いわゆる無限地獄)

その4、
ポイントで色(エナメル塗料で)をwt-iD.jpg とさしていってます→wt6-2.jpg

その5、
ココは錆びてるやろってところ(可動部、水が溜まりそうなところ)に、wt7-2.jpg←赤錆(アクリルガッシュのバーントシェンナ)を置いていってます。

その6、

その5までで納得できたら、
アクリルガッシュ(柴色(ふしいろ)など。※ではないです。)でドライブラシをかけ、wt8-2.jpg 埃、土汚れを表現して一応筆置き(終了)です。
埃などの表現は、裾を中心として下から上へ筆を動かしています。

ヘロ単では、この後保護用につや消しクリアーを吹いています。

完成???
今回の練習は、「泥だらけの場所(まだナイショ?)でこき使われてる」と設定の元なので、
やりすぎるぐらい「ドロドロ」「ボロボロ」にしてしまいました・・・
気に入らなかった、スッピンに戻ってもらおうかなぁ・・・
やりすぎの全景は、wt9-1.jpg wt9-2.jpg で、
新車の軽バンよりはどうでしょうか?ね(良いのか悪いのか???) wt9-3.jpg

一ヶ月も引っ張りましたが、目新しくもない、役に立たないまとめになってしまってますね・・・(反省)
まっ、こんな手法でやってるド素人がいる程度に読み流してください

残りの宿題は「ヘロ単の完成」ですなぁ。

追記

大事な心得?を書くのを忘れていました
「汚す(偶然にたよって)のではなくを、テクスチャーを(コントロールして)表現する、描く」
という意識でやる事が大切かなぁっと思います(相変わらず、わかりにくいですが)
偶然性にたよっていては再現出来ませんから、すべてをコントロールするつもり(あくまでつもり)という意識が大事かと。
あと、フィニッシュをイメージする事が大切、イメージ出来ない事は(表現)出来ないですもんね。

最後に、試行錯誤での表現手法なので「ver.2010/12」で、決定打では・・・
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 8
go page top

 

この記事に対するコメント

これはすごい。
非常に実践的で参考になります。
私の勝手なリクエストに応えていただき、どうもありがとうございました。
模型誌にも同様の技法はちょくちょく紹介されていますが、
こんなに詳しくは書かれていないです。

一番最初のエナメルを「要所に置く」というのは
非常に大事なポイントですね。
これまで私は全体に塗りたくっていました。
その結果、せっかくウェザリングしているのに、なんだか
メリハリのない仕上がりになっていたように思います。

土汚れは紫なんですか!
私のブログにも青色で深みを付けるというコメントをいただきましたが、
茶系統を使わないのがミソですね。
薄くした青を塗るとグレーっぽく見えますよね?
おそくなって、すいません。
初瀬春日さん
お役に立てれば、幸いです。
ただ、ド素人の手法なのであくまで参考程度で・・・

> 一番最初のエナメルを「要所に置く」というのは非常に大事なポイントですね。
全体に色を入れてしまうと、ノッペリと単調になりがちに思います。
影になる箇所、汚れがたまっている箇所をピンポイントで攻めるが良いと。
色を流す段階で、色を入れてない箇所にも色が入っていきますから。

> 土汚れは紫なんですか!
紫ではなく、柴色(ふしいろ)です・・・
紛らわしいですね(←すいません)
黒(灰色)系には、青系を混ぜたり、重ねたりはしてますが、
下地の色に影響されるので、ケースバイケースで試行錯誤してます。
すみません。記事をよく見ると紫ではないですね・・・
「ふしいろ」をネットで調べてみたら、何ともいえない
日本の色ですね。
ベージュとカーキと茶色の合いの子のような。
なるほど、泥汚れにはちょうど良さそうです。
う~む、素晴らしい!まとめ記事ありがとうございます。

やってる手法はだいたい一緒なんだけど、こんな上手くできないなぁ。。。(ToT)
アクリルガッシュって使ったことないんですよ。持ってはいるんですが。エナメルとかとの使い分けってどうされてます??雰囲気??(^^;

この記事は永久保存だわ。
Re:
初瀬春日さん

> 「ふしいろ」をネットで調べてみたら、何ともいえない日本の色ですね。
すごく日本的なグレイッシュな良い色です。
土埃、ドロの表現にはぴったりなので一度試してみてください。
Re:
UCCさん<
ほんと特別事はやってないんですよね。
違うといえば、しくこくやっていること位でしょうかi-229

> アクリルガッシュって使ったことないんですよ。持ってはいるんですが。エナメルとかとの使い分けってどうされてます??雰囲気??(^^;
雰囲気ですってことはなくて、
水垢、雨だれ、錆び汚れなど下地の色見える汚れは、エナメル系で。
アクリルガッシュのフラット具合(エナメルはフラットでも少しつや出ますしね)と隠蔽力の強さが、
下地が見えなくなるようなコベリついた汚れや、土埃、泥汚れ、なんかの表現に向いているのではないかと。
ドライブラシもアクリルガッシュでやってます、粘度がちょうど良いもので・・・
ただ、剥がれやすいので上から保護が必須です。
完璧です
すばらしいとしか言いようがありません。
1/80でここまで細かいニュアンスをつけていくのはすごい技術だと思います。でもtototoさんは1/150でも同等の仕上がりですもんね。

これほど詳しい解説は模型誌でもなかなか見れません。とても参考になりました。

また、写真が上手ですね。
私は写真が下手で、肉眼ではいい感じでも、画像にするとなんかキレイに見えてうまくいきません。

ちなみに、トラックって荷台の中の表現が難しくないですか?積み下ろしでこすれた痕や水が溜まった痕などいろんなパターンがありそうで。しかもふき取りにくいので、凹んだ形は苦手です。
Re: 完璧です
genchichiさん

おはずかしい、偉そうなコトを書いてしまったと後悔しています・・・i-181

> また、写真が上手ですね。
今回のは片手にモデルを持って、カッシャッってやってるのでスナップ以下です。

> 画像にするとなんかキレイに見えてうまくいきません。
レンズをとおすとアラが目立ってきますよね。
でも、手直しの指針になると思えば良いかもしれません。

> ちなみに、トラックって荷台の中の表現が難しくないですか?
今回は習作のつもりだったので、キャブ以外は超手抜きです・・・
トラックの荷台って積荷よって表現を変えるのも面白いかもしれませんね。

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。