10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

風景をあそぶ。

エガオデ、ウエヲミテ、明日ヘ。

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2010.11.24/Wed  23:02:01

今月いっぱいドタついています。
お約束した、エイジングの工程まとめられてません・・・
来月までお待ちください。

今回は、オチャを濁しの小細工です。
無限地獄になるので「エイジングは完了!」っと心に決めていたのですが、
気になると気になるので、手をつけてしまいました(意志弱っ!)

気になったのは、扉の質感。
鋼製の車体は妥協点ですが、木製の扉の質感がイマイチ・・・
ペンキが塗り重ねて、剥げている感じを表現したくて無限地獄にならないよう慎重にさっさっと?手を加えました(笑)

tantan-6-4.jpgtantan-7-5.jpg となりましたが・・・
差がわかりませんよね・・・

拡大すると、tantan-7-3.jpgtantan-7-2.jpg tantan-7-1.jpg ですが、
やはり塗装段階で計画的に下地処理しないとダメですなぁ

古び(エイジング/ウェザリング)の技法って、
1/1の世界(インテリア・額などなど)でもあるのでチョット調べてみます←応用できるのか???

スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 4
go page top

 

2010.11.15/Mon  23:03:15

ムギワラ帽子の少女たちの制作が一段落というより、飽きた(つかれてた?)ので、
よりみちから本筋に戻ってきました

塗装して早一ヶ月半、←放置しすぎ・・・
塗料も乾ききった頃合いなので、鬼門(苦手な)のエイジング(ウェザリング)に手をつけました。
インレタを貼った上から、つや消しクリアー(ラッカー系)で上塗りしているのでハードに描き込んで大丈夫(なはず?)なので、
AFVモデルの技法を下敷きにウチ流で、ペタペタとのべ3日程しつこくやりすぎました・・・
オモチャチックな新車?が tantan-5-1.jpg → ナントカ現役?の姿 tantan-6-1.jpg に・・・

風景の設定(まだナイショ)を加味してもやりすぎです。
ダルマさん(廃車体利用倉庫)の方が似合うかも・・・

では、ぐるっと一周、 tantan-6-3.jpg tantan-6-4.jpg tantan-6-5.jpg

でも、それなりの雰囲気は出たのではないかと?思ったりして・・・(自分に暗示を・・・)

しかし、理想の「らしく」「うつくしく」には遙か遠くです

ご参考までに主な使用材料は、
エナメル塗料のブラック、ブラウン、レッドブラウン(すべてつや消し)と
アクリルガッシュのバーントシェナーと柴色(ふしいろ(ウチの定番色))です。

これで、完成が見えてきたかなぁ~






TB: 0  |  COM: 6
go page top

 

2010.11.09/Tue  23:45:38

フィギアーをつくり始めて一ヶ月半、いいかげん同じ様な作業ばかりで飽きてきました・・・
目が疲れるし、肩はこるし・・・
しきり直しの「ムギワラボウシノショウジョ その2」の造形を短期決戦で終わらせました(終わらせたはず)
「その1」は立姿+オーバースケール気味でデッキに収まりが悪かったので、
「その2」は旅行鞄に座って頂き、少し小柄にしてみました。

前姿
tantan-h4-5.jpg tantan-h4-1.jpg tantan-h4-2.jpg
顔は「その1」が丸顔だったので少し面長にして、表情もシャープにしよとして相変わらずの無限地獄でした・・・
脚は何回も折るし・・・疲れました。

後姿
tantan-h4-3.jpg tantan-h4-4.jpg

撮影するとアラが目立つなァ・・・キレイにしよ

追記:フィギアーを制作するにあたり、「牧場通信」まつお‐Kさんに教えて頂いた方法を参考に制作しました。





TB: 0  |  COM: 2
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。