09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

風景をあそぶ。

エガオデ、ウエヲミテ、明日ヘ。

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2010.10.30/Sat  23:31:25

「ムギワラボウシノショウジョ」の制作は完了(造形了→彩色はまだ)しました。

本当は前回で完のはずでしたが、気になると顔立ち(団子っ鼻)が気になって仕方がないので、
前回、技術的限界とか言ってたんですが、技術者?たるもの限界を超えなければっと「無限地獄」へ・・・突入しました
22時位からやり始めて、気がつくと3時でした・・・それも平日
その努力の結果が、
tantan-h3-f4.jpgtantan-h3-f1.jpg  tantan-h3-f6.jpgtantan-h3-f2.jpg
相変わらず団子鼻ですが、結構スッキリした顔立ちになってません?

ついでに、帽子にリボンをつけて、tantan-h3-r1.jpg
少し太めだったのでダイエットさせてみました。
tantan-h2-c.jpgtantan-h3-6.jpg  tantan-h2-d.jpgtantan-h3-4.jpg

で、 tantan-h3-2.jpg tantan-h3-1.jpg 完成。

で、一段落のはずでしたが・・・単端のデッキからはみ出してしまうことが発覚・・・
ココまでやって、お茶を濁すのは悔しいので、「ムギワラボウシノショウジョ その2」の制作することとしました・・・

単端の完成はいつ???
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 2
go page top

 

2010.10.23/Sat  01:13:44

きり番100回目の記事は、前回の続きでムギワラ帽子ノ少女の制作です。
やり始めると単端の演出だったはずが、目的が変わってきたかも(←ヤバイッ)

エポキシパテを盛って削ってを繰り返し、エポキシパテの塊が、
なんとか人のカタチになってきました?→tantan-h2-5.jpg tantan-h2-2.jpg
おかげで、肩こりが・・・

顔の表情は、横顔はいいのですが tantan-h2-e.jpg tantan-h2-4.jpg 正面からはアラが目立ちます・・・
修正しようにも技術的限界です・・・もう無理

後ろ姿はいい感じでは?tantan-h2-c.jpg 渾身?の表現Aラインです

肉眼では見えないアラが画像だと目立ちます・・・仕上げを丁寧にする事にします。←頑張ろうっと
あと、少し予定より大きくなってしまいました(1/87で、165cm)・・・1/80の方がしっくりくるかも←反省

TB: 0  |  COM: 4
go page top

 

2010.10.18/Mon  00:52:19

こども御輿も終わって、秋の行事も一段落。

ヘロヘロ単端本体は進んでいませんが、懸案?の麦わら帽子の少女をつくりはじめました。
フィギアーをフルスクラッチするのは初めてなのでドキドキです。
例のイラストtantan-i.jpg をベースに、スケッチをおこして、エポキシパテを盛って、削って、
tantan-h1-1.jpg tantan-h1-2.jpg ココまでカタチになりました。
イメージは、「カリオストロの城」のクラリス(古い?)ですね
顔の表現に手こずりそうです


TB: 0  |  COM: 4
go page top

 

2010.10.10/Sun  00:20:34

雨の連休ですね・・・
雨のおかげで大津祭の宵宮にいくのをあきらめました・・・
天孫神社の夜店の雰囲気が大好きなのですが、来年までお預けです。
明日の巡行、どうしようかなぁ・・・
一昨年の巡行風景(電車道アタック?)→i-k-o.jpg

さて、ヘロヘロ単端です。
軽便鉄道模型祭が終わって一週間、祭にいけなかった悔しさ?を工作にぶつけて(←本当か?)、
なんとかミラレルカタチ?になりました。
とはいっても、この前からそんな大層な作業はしていません
主に色関係を完了させて、電装関係を組み込んだぐらいのお気軽工作です。

まず、お約束の定点のイラストのアングルから、tantan-5-1.jpg この前とそんなに変わった感じはしませんね。
では、ぐるっと一回り
tantan-5-3.jpg tantan-5-4.jpg tantan-5-5.jpg

鼻っ面のエンブレムは、フォードっぽくブルーで色を入れてます(精悍度UP?)
tantan-5-6.jpg
タイフォンの処理は悩み中(磨きだしにするのか?サビサビするのか?)

屋根のキャンバス張風の障子紙張は、いまいちでした・・・tantan-5-8.jpg
多分、瞬間接着剤の量が多かったのが敗因かと、次作でリベンジ(あくまで予定)です。

ポイントの沼尻ガソ101風の折畳式荷台は、いい鎖の素材が見つけられなくて可動式をあきらめました
tantan-5-7.jpg
ネックレス用の鎖を色々と物色しましたが、オーバースケール感が気になってしまい結局・・・
鎖を自作しました
0.2径の銅線を、一つずつ輪っかにして、つないで・・・ってコトはさすがにしていません
あたたかな、すてきな風景をつくられている『時のすみか』のo-koさん(リンクして頂きました)に教えていただいた、
ネジネジつぶし工法でお手軽に制作しました。
その方法は、「線材を適度に捻りあげ、ペンチでつぶしていく」というメッチャ簡単モノです。
立体感に欠ける感じもしますが、ちゃんと鎖になります、お試しあれ。
では作例を、tantan-5-c.jpg ちゃんと鎖にみえるでしょうか?
ヤッヤバイ!
標記類は、TOMIXのインレタ(153系って)を流用しましたが、ちゃんと標記されてるのですね・・・
「クハ153、重量 空30t」って・・・
肉眼では、ほぼ読めないので良しとしましょう。

軽バン(1/80)と比べると、tantan-5-h.jpg 小さい!
マイクロバス大ってとこですね。

前照灯も点灯出来るようにしてあります。→ tantan-5-l.jpg 詳細はまた。

今のところはこんな状態です。
あとは、楽しい?エイジングと内装と少女?です。
エイジング(ウェザリング)は、AFVモデルのモデリングを参考に少しがんばってみるつもりです。
なので、キレイな単端は見納め?かな。
TB: 0  |  COM: 4
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。