03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05

風景をあそぶ。

エガオデ、ウエヲミテ、明日ヘ。

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2010.04.27/Tue  01:06:52

やっと安定して暖かくなってきましたね。
それなのに、相変わらず冬景色を作っています・・・。

各方面からプレッシャーが強くて(笑)逃げ続けていた、ヨシ原の表現に手をつけました。
hm-suimeni-1.jpg
↑こんな風なのが目標に表現してみた結果が↓です。
hm-yoshi1-0.jpg hm-yoshi1-1.jpg hm-yoshi1-2.jpg
少しざっくりしすぎた感もありますが、1/150だし、やり直す元気もないのでよしとします・・・。

材料はジュート麻紐をばらしたものを使いました。
前作の稲の素材と同じものも試したのですが硬い印象になってしまうので、少しやわらか過ぎる感じになるのですがジュート麻紐を使いことにしました。

植え付けは、ヨシは株単位で生えているので水面に2.0mm程度の穴をあけて植えつけていっています。
また、ヨシは実寸の草丈が2,000mm以上あるのですが、オーバースケールに感じたので実寸で1,500mm程度に低くしています。

それっぽくなりましたでしょうか???
作業は田植えの比べれば楽なもんでした。



スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2010.04.19/Mon  23:34:17

手こずった水が終わりましたので、ペースをあげて行きたいと思います。

その第一歩として下草を植え?蒔き?ました。
素材は前回と同じ自家製のモノです。
hm-kusa1-1.jpg hm-kusa1-3.jpg hm-kusa1-4.jpg
こんな感じにうっすらと産毛?がはえた様になりました。
枯野の感じ出てますでしょうか?

同じ技法で作った自家製パウダーですが、素材(シナ合板)の差か前回より繊維が結構目立ちます。
それが、枯れて倒れた草っぽくなっていい感じ(←自画自賛)です。

ついでに樹木の位置決めもやってしまいました。
hm-kusa1-7.jpg

次は、ヨシ原の表現に挑戦です。
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2010.04.13/Tue  23:13:38

苦節2ヶ月・・・、水面の表現がなんとかなりました。
エポキシ樹脂系の素材の扱いはむずかしいですね。

hm-suimeni-2.jpg←こんな水面の表現がしたくてがんばってみましたが、失敗の連続でした。

失敗の連続の方法を簡単に書きますね。
たかだか水深?6mm程度(フルスケールで900mm)で、フルスケールで水深3,000mmの表現をしたかったので、
エポキシ樹脂(クリスタルレジン)を4層、波の表現のエポキシボンドを1層、表層の透明ニスを3層のを打って、何とか形になりました。

エポキシ樹脂最初2層はエナメル塗料(不透明)を混ぜて濁らして深さを表現してみました。
また、深い表現したい箇所は濃いめにエナメル塗料を混ぜた樹脂を垂らしています。
次の2層は、アルコール系インク(透明)を混ぜて透明感を出したみました。
使った色味は、hm-suimen1-0.jpg 左がエナメル塗料、左はアルコールインクを混ぜたモノです。

次に、波の表現をエポキシボンドで表現して、最後に表面をなめらかにするための3回水性ニスを流し込んでいます。

その結果が、hm-suimen2-1.jpg hm-suimen2-2.jpg こんなになりました。
桧棒とケント紙でつくった桟橋も設置しました。hm-suimen2-4.jpg

いかがでしょうか?最初の写真に近い表現ができていますでしょうか???

次は、hm-suimeni-1.jpg の表現に挑戦です。








TB: 0  |  COM: 3
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。