04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

風景をあそぶ。

エガオデ、ウエヲミテ、明日ヘ。

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2010.08.24/Tue  23:27:52

今日は夕立があったので、久しぶりにグッスリ眠れそうなので、
いい気持ちで二日続けての更新です。

未だに緒完結しない冬のパイクの後追い制作記です(すでに忘れられている?)
お題目は、パイク唯一の登場人物のカメラマン、もといカメラウィメンです。
駅前広場?に止まっている車に彼女が乗ってきたという設定。

T社のジオコレの人を切った貼ったして、それらしくつくりました。
hm-hito-1.jpg

人形といえども切った貼ったするのは、相変わらず罪悪感が・・・
NIKON D1をモデルに、
カメラはプラバン積層削り出し、レンズは真鍮パイプで、三脚は真鍮線ででっち上げています。

舞台?に上ってもらって、水鳥をねらって頂きましょう。
hm-hito-i1.jpg hm-hito-2.jpg

そろそろネタ切れまじか・・・なので、単端をつくらねば・・・

あと、昨日機芸社から盾が届きましたが、やっぱり悔しいです・・・(しつこいっ!)


スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 10
go page top

 

2010.07.29/Thu  23:09:58

単端は、3歩進んで2.5歩下がるって感じでノロノロと進んでいます。
そのうち、お見せできるようになるかと・・・

さて、あきずに後追い制作記をつづきです。
今回は、小物中のも小物、で準主役?の水鳥(冬鳥)です。
冬、琵琶湖にやってくる冬鳥がモチーフに、→hm-mizudori-iA.jpg
コハクチョウ、オナガガモ、キンクロハジロの三種類をつくることにしました。

で、1/150にすると→hm-mizudori-1.jpg になりました。

コハクチョウは、木片と真鍮線ででっち上げました。
オナガとキンクロはKATO/Preiserのアヒル?からのリメイクと、木片+真鍮線でつくっています。
写真には写っていませんが、数がほしくてオナガを三羽追加しました。
もっとグチャグチャといるほうが雰囲気がでるのですが、つくるのがしんどいので中断中です(無期?)

hm-mizudori-i1.jpg hm-mizudori-i2.jpg
パイクに配置すると↑になりましたが、
やっぱりもっと数がほしいなぁ

TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2010.07.17/Sat  23:03:22

後追い制作記(?)の続きです。
梅雨もあけて夏本番ですが、季節はずれのもう少し冬景色におつき合い下さい。

今回は舟小屋の仕上げです。
小屋本体はこっちでで書いていますので、よかったら確認してくだい。

小屋の中に漁師の小屋らしくするため、糸(フライ(毛針)タイニング用の)で網の様なモノや、
裸電球(こっちは点灯しません、点灯させた方がよかったかな・・・)などを設置しています。
hm-hko2.jpg hm-hko1.jpg

土間の方はにもトロ箱、ドラム缶、オイル缶再利用のゴミ箱などなどをらしく置いています。
hm-hko4.jpg
小屋の横には、物置き場になった廃トラック(カーコレ加工)のつもりですが、
もう少しボロにした方がよかったかも。

hm-hko6.jpg hm-hko7.jpg hm-hko5.jpg
上モノを設置するとこんな感じなりました。

もう少しネタがありますので、「後追い制作記(?)」をつづけます。
おつき合いよろしくです。


TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2010.07.05/Mon  01:28:43

時間ある時に更新しとかないと、いつになるやら?なので、
珍しく短い間隔で更新になります。

今回お題目は、駅舎(待合?小屋レベル?)の仕上げです。
本体については、ココで前述してますので、その後工作についてになります。
蒲原鉄道高松駅の電灯がいい感だったのでモチーフしたみたいなモノなので、
それを参考に電灯をつくってみました。

どうやってつくったかですが、
笠は、2.0mm径のポンチで打ち抜いたコピー紙を爪楊枝のおしり(笑)で整形してあります。←結構、貧乏臭い(笑)
電球は、本当0.25mm径のモノがよかったんですが手元にないので、
0.5mm径の光ファイバーを熱で引き延ばしたモノを笠に通し、先端をエポキシボンドでらしく整形しました。
hm-led-st1.jpg hm-led-st2.jpg hm-led-st3.jpg
駅舎へ設置すると、こんなん↑です。

あと小物(ベンチ、ゴミ箱(オイル缶利用)、ポスター、時刻表など)を内部にらしくなるよう設置して、
hm-st3.jpg

外には雪国には必需品?の雪かきをお得のコピー紙と真鍮線でつくって置きました。
まじめ?に雪かきサイズを調べてスケールに落としてあります。
hm-st1.jpg

光ファイバーをLED(電球色)につないで点灯すると、
hm-st2.jpg hm-led-st5.jpg
いい感じではないかと、自画自賛です(笑)
電灯は感じでてますかね?

おまけの完成後の風景です。
hm-i-st-ns1.jpg
早朝のイメージではないですね・・・(笑)

まとめですが、やはりスケール感を失わない落としどころは難しいです(精進精進をしないと)。

今回はココまでです。

次回はいつになるやら・・・


TB: 0  |  COM: 2
go page top

 

2010.07.03/Sat  22:49:46

W杯にかまけていたら7月になってしまいました。
今年も後半に突入、はやい・・・

さぼっていた後追いの制作記を、ぼちぼち書いていきます。
おつき合い、よろしくです。

今回は街灯、腕木式信号機についてです。

ホームの街灯は、
前作の街灯同じ作り方をしましたが、少しオーバースケールな気がしたので柱の太さを細く(1.0→0.8)してあります。
hm-led-g1.jpg hm-led-g2.jpg
灯具がやはり、オーバースケールですな・・・
柱が細くなった分、余計に目立つ・・・

腕木式信号機は、
前作の信号機は、津川洋行のモノを流用してつくりましたが、コレもオーバースケールぎみだったので、
今回は腕木部をケント紙、その他を真鍮材などでフルスクラッチしてみています。
プロポーションはおかしい所はあるのですが、スケールはいい感じでは???
hm-led-s1.jpg hm-led-s2.jpg hm-led-s3.jpg
導光は、0.5?か0.75?かの光ファイバーでしています。(←忘れました・・・)

スケール感と機能(点灯)の両立が、S=1/150では難しいです。
オーバースケールだと「らしさ」が一気になくなるし、細かいと機能を入れにくいし・・・
落としどころに悩みます。

では、今回こんなところで。


TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。