05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

風景をあそぶ。

エガオデ、ウエヲミテ、明日ヘ。

2018.05.25/Fri  12:15:58

地味な植物ネタが続きます。
モンパノキを毎度の面倒な方法で試作。
DSCF4931.jpg

詳細は後日に書きますが、アダンよりは楽でした。
出来は、及第点かな?

ベースに仮設置するとこんな感じ。
DSCF4929.jpg

さて、量産しますかね。
スポンサーサイト
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2018.03.09/Fri  16:17:58

例の如、またまた空いてしまいました。
雪山を登って、滑ってをしていると気がつけば3月・・・
はやいものです。

昨年(2017)後半から悪戦苦闘していました、アダン製作は飽きとの闘い(笑)でしたが、
なんとか予定数つくり終えれました。
DSCF4201.jpg
苦労しても、これで埋まるのは70×70mm程度・・・
時間対効果悪しです(笑)

出番が来るまで、しばし?の休息 DSCF4203.jpg

次はモンパノキとクワズイモで、当分植物の制作が続きます。
TB: 0  |  COM: 2
go page top

 

2009.05.20/Wed  18:50:50

つくりはじめて7ヶ月、やっと一応の完成を見ることができました。
でも、まだ追加でつくり込みたいことあるので、第一段階としておきます。
記事のネタがなくなりそうなので、何回かに分け引ってお見せしたいと思います(笑)。

一回目で、全景を、
i-PS-1.jpg i-PS-3.jpg
i-PS-2.jpg i-PS-5.jpg
サイドは汚れ隠し?の化粧板(シナ合板を着色水性ニスで着色)を張って、高級感?をアップしています。
ほんと、緑しかありませんね・・・
もっといろいろつくれば良かったかも・・・
いろいろ不満な箇所も有りますが、ほぼ処女作としては良しとしましょう。
高望みはいけません(笑)

さて、前回のコメントに書き込んだ藤の花ですが、
i-tanbo-3.jpg i-tanbo-6.jpg このカットでわかりますでしょうか?

次回からは、各部分の詳細をお見せしますね。(引っ張ります(笑))

TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2009.04.08/Wed  12:30:01

更新をさぼってました。
パイクの制作は、地道に進んでいます。

草の表現が一応完了しました。
まだ、ストラクチャーを設置しながら手を加えていきます。
全体象は、k-3-1.jpg k-3-2.jpg な感じになっています。

細部は、
お決まりの場所 k-3-3.jpg  棚田、築堤付近 k-3-4.jpg
雑木林 k-3-5.jpg 石積 k-3-6.jpg
てなようになりました。

不満の残る草の表現ですが、今の技術レベルでは良しとすることにします。





TB: 0  |  COM: 2
go page top

 

2009.03.23/Mon  22:31:47

 
草の表現(その2)  
 

草の表現その2です。
その1でまいたパウダーの上に草表現試作で使用したもの同じ、素材で背丈のある草を表現をしてみました。
まだ手を入れますが、一応植え終わった箇所はこんな感じになっています。k-2-1.jpg 

色味の確認で樹木を仮置きしてみると、
蛍光灯では、k-2-3.jpg 自然光では、k-2-4.jpg こんな風になります。

光源によって色の見え方、印象が変わるので、どの光源での色を基準にするかで悩ましいところです。

予定工期?を過ぎてるので、スピードアップしたいのですが・・・・・・
草植えもまだまだ道半ばで、里山(雑木林)がまるまる残っています。
TB: 0  |  COM: 0
go page top