FC2ブログ
12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

風景をあそぶ。

エガオデ、ウエヲミテ、明日ヘ。

2009.03.08/Sun  23:27:22

 
たんぼ~田植え~一応完了?~ 
 

たんぼ田植えは、予定範囲を完了しました。
ただ、あくまでも一応の完了です。
まだ、追加の田植えをするか悩んでる箇所もあります。
でも、田植えにもあきたので、他の作業(下草植えなど)をしてからバランスを見た上でどうするかを考えることにします。

今回は完了記念?に田植えの工程を公開します(笑)
その1~植え始め~
ti-3-1-2.jpg ti-3-1.jpg
バカ棒を利用してあけた穴に、苗(刷毛の毛)を植えていきます。

その2~植え終わり~
ti-3-2-1.jpg ti-3-2-2.jpg
ここまで、のべ4時間!ほどかかっています(しんどい・・・) 
葦原などの表現に応用できそうです。

その3~整形?~
ti-3-3-2.jpg ti-3-3-1.jpg
ハサミで、約1.0mm程度に切りそろえて、切り口をアクリルガッシュ(ドライブラシ)で着色して完成です。

田植えをした所の全景?。ti-3-4-1.jpg

拡大。ti-3-4-2.jpg ti-3-4-3.jpg ti-3-4-4.jpg

しかし、人に勧められる技法ではないですね・・・
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2009.02.26/Thu  23:02:31

 
たんぼ~田植え~続行中~ 
 

のんびりしたすすみ具合ですが、田植えは進んでいます。
だいぶ植える?のにも慣れてきたので、少しですがペースも上がってきました。
しかし、疲れるのは変わらないので一列毎にあいだをあけながらやっています。
週末には、予定範囲は植え終わりそうです。

小屋と樹木を仮置きしたら、ti-2-1.jpg こんな感じです。
どうでしょうか?
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2009.02.16/Mon  12:30:16

思い切って田植えをはじめました。
小さいたんぼ3枚に植えたんですが、いやぁ~疲れました。

表現方法はいろいろと試したんですが、一番手間のかかる方法が最良???と判断しました。
その方法は、↓の様なモノです。
苗の素材は100均で仕入れた、水性塗料用の刷毛の毛です。毛の素材は羊毛+α。
それに、アルコール系マーカーで着色して使用しました。 ti-1-0.jpg
その毛を2本ずつ位二つおりにして、先端にジェルメディウムをつけ、径0.5のピンバイスで開けた植え付け穴に差し込んでいきます。
植え付け穴のピッチは、2.0mmで2×1の檜棒にメモリをふったの(いわゆるバカ棒)を利用したケージに穴を開けています。
ジェルメディウムが乾いた後に1.0mm程度に毛(苗)をカットして、メリハリがつく様に先端をアクリルガッシュで着色(ドライブラシ)しました。
その苦労の結果が、
ti-1-1.jpg ti-1-2.jpg ti-1-3.jpg ti-1-4.jpg
と、いうようなモノになりました。
まぁ、いい感じになったのではないのでしょうか?。

まだまだ、たんぼは残ってます(笑)。
他の作業を挟みながら、のんびりとやっていくことにします。
あと、田植え中や、広い場所は水面のまま残しとくとかして作業のボリュームを減らすことにします・・・。


TB: 0  |  COM: 4
go page top

 

2009.02.13/Fri  23:00:00

 
たんぼ~思案中 
 

田植え(稲の苗)の表現をどうするかで、思案中です・・・
テストピースで試作検討した結果、表現方法の方向性は見えてきたのですが、
費用対効果と言うか、手間をかけただけの効果かがあるのか・・・・悩んでます。
手間をかけた水面を傷つけたくない気持ちと、田植え風景を表現したい気持ちで踏ん切りがつかず、
その他地味な作業は、少しずつ進めていますが本丸には手をつけずじまいです。
表現するとしても、ポイントで小面積になると思います。

こんな風景が表現できたらいいのですが・・・
棚田百選の日引 ti-h-1.jpg  同じ百選の畑 ti-ht-1.jpg 
棚田桜 棚田桜01




TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

2009.01.29/Thu  18:37:44

 
水を張る 
 

先週末たんぼ、水路に水を張りましたが、これが大変でした・・・。
試行錯誤の末、やっとみれる状態にまで持っていくことができました。
使用した材料は、
  ○クリスタルレジン
  ○エポキシ系接着剤
  ○水性ニス(アクリル系)、の三種類です。

はじめは、クリスタルレジンを流し込めばアッサリと完了のつもりでした。
ただ、気温が低かったので(多分)、表面が氷が張った様になった場所があったり、
あまりにも表面(水面)平滑すぎるのが気に入らず、エポキシ系ボンドを流し込んで表情つくろうとして失敗したり、
よけいな所に、レジン等をおとしてしまったり、と
「せいてはことを為損じる」の言葉どおりでした(笑)
最後は、サンドペーパーで研磨し、水性ニスを塗り重ね、なんとか着地点を見いだしました。
定点から全体像は、 w-1-1.jpg な感じになりました。

車両、樹木を仮置きすると、水面への映り込みは割合いい感じです。
w-1-3.jpg w-1-4.jpg w-1-6.jpg

レジンが這い上がった所が気になるので、これから修正します。
あと、水面に光沢がありすぎるのが気がするので調整する方法を思案中です。

TB: 0  |  COM: 0
go page top